ステロイド外用薬とビタミンD3外用薬

乾癬とステロイド外用薬

 

乾癬の治療法

乾癬の治療では、一般的にステロイド外用薬が使われます。

 

ステロイド薬には抗炎症作用(炎症の抑制)と免疫抑制作用(アレルギー反応の抑制)を持ち、これを塗り薬や点眼薬など外用的にしたものがステロイド外用薬です。

 

強さは様々で、最も強い1群から最も弱い5群まであり、皮膚の厚さによって使い分けます。

 

ステロイド外用薬はアトピー性皮膚炎などによく使われ、乾癬の場合にも見た目には症状が落ち着いてきます。

 

しかし、ステロイド外用薬では根本の解決にはなりません。

 

治ったと思って塗るのをやめると、乾癬はまた現れます。

 

それどころか、治らないがために塗りすぎるなど誤った使用をすると、ホルモンバランスが崩れるなど副作用が出てしまいます。

 

 

ビタミンD3外用薬

 

乾癬の治療法

 

乾癬は幹部の皮膚がどんどん増殖していきます。

 

ビタミンD3外用薬は、皮膚の表皮細胞の増殖を抑制することで乾癬を改善します。

 

ただ、ステロイド外用薬と比較すると効果が弱く、乾癬が改善するまでに時間がかかるようです。

 

そのため、ステロイド外用薬と併用する方もいます。

 

光化学(PUVA(プーバ))療法

 

乾癬の治療法

ソラレンと呼ばれる光毒性物質(光に当たると毒性を発するもの)を塗り、紫外線を当てるという光化学療法も効果があります。

 

光毒性って危険じゃないの?
と思われるでしょうが、ソラレンは紫外線の刺激をより感じ取りやすくし、乾癬に働きかけてくれます。

 

しかし、紫外線に過敏に反応する方には向いていませんし、長期にわたって治療を続けると皮膚がんになる危険性もあります。